Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヘッド #1.2

アヘッドのGNドライブ発光をしばし検討してみた。
コーンドライブはジンクスのものを割ってみた。適当に考えてみたが手間が結構かかる。
アヘッド18 アヘッド19 アヘッド20 アヘッド21

・綺麗に処理するためには、GNドライブのパーツ請求が必要
・金属パーツはナニワネジのスピンサートS-1だが、これをクリアレジン置換する必要有
・最大の問題はやはり配線スペース

GNドライブ接続部分はスラスターの関係でスペースが少ない。だから現状使えるのが青で囲った部分のみ。黄色の部分は、右の画像を見ると分かるようにLEDユニットがカツカツのため、使用することが不可能。青の部分にしても、ピンを切り飛ばす必要があるため、強度が低下する。
アヘッド22 アヘッド15

正面からの発光を無くせば、余裕で発光は可能ということは分かりました。両立は強度を考えないか、新たに真鍮線等でダボを設ければいける。内部の配線はやはり少々厳しいだろうが…。何といっても、クリアレジンという新たに出費がかかるのが一番の問題のため、この案はボツ。クリアレジン自体はそんなに高いものではないのですが、シリコーン合わせると5000円は超えます。ちなみに、クリアレジンは造形村のものは経年で黄色に黄ばむらしく、ホビーキャスト製のものが良いらしいです。

ホビーキャストNX 透明 500g

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。