Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々里峠に行ってきました。

前振りではビワイチ!でしたが、気がついたら162を走っており、どこ行くか悩んだ末、常々行きたいと思っていた佐々里峠に行ってきました。ビワイチはアレですよ、行かないと!という義務感はあるももの、水たまりにまったく魅力を感じないのでどうも行く気がしません。
141120.png
結果は酷いものでした。なんという遅さ…。この季節は寒気で鼻水ズビズバ溢れてくるので、頻繁に停車を繰り返すのも影響あったかと。午前中は温度が3度しかなく、手はともかく足の指の感覚がなくなりました。末端冷え性にはキツイ!

美山方面から佐々里峠に入る入り口。なお、佐々里頂上には予想通り何の標識もありませんでした。無念。
DSC02899_R.jpg
なお、この付近にスペースウッドという喫茶店が有り、グーグルマップで確認していましたが、ねーよ!見つからないよ!
ネットで調べればいいじゃん?電波入らんわ…。

しかも、探してる時に自転車が倒れ、ハンドル、ペダル、サドル、リアディレイラーに傷がつく始末。幸いハンドルが割れることも、リアディレイラーが異常が発生することもなく、佐々里峠におもむく事は出来ましたが、登ってる最中はテンションだだ下がりでした。この時点で補給食が、SOYJOYと液体補給食のみとかなりカツカツ。佐々里を超えた後にある、喫茶店でいいやと思えばここも休み。山村都市交流の森は営業中とノボリがたっているのに休業中/(^o^)\
自販機のコーラでごまかし裏花背を登り、鞍馬でようやく補給。
DSC02905_R.jpg
洛北フレンチというやつらしい。有名かどうかは知りません。

とても疲れました。ろくに乗ってないのに、たまに走るのはしんどいコースと、コースの選択が悪いんでしょう。寒い中、花背の長い下りは本当に辛かったです。今後はウィンドブレイカー持ち歩こうと誓いました。

あと、ハンガーノックになるかと思いましたが、朝ごはんをコレでもかと食べたのと、補給食をバー4本、クリフバー1個、液体補給食と持っていたのが救いでしたね。

最後にリアディレイラーがガッツリ傷付いたのがショックでしたが、壊れてたら家帰れないところでした。こんなところ誰もいないよー。

スポンサーサイト

Xperia Z3 純正ケース SCR24

23日の本体発売から、暫くたった本日ようやくソニースタイルから届いた、Xperia Z3 純正ケースSCR24です。
IMG_8781_R.jpg

純正のため、お値段は大変お高い。もうちょっとでアルミ製のバンパー買えそう。
とりあえず、装着。
IMG_8791_R.jpg

さて、装着感ですが、当然純正なので悪くありません。また卓上ホルダーのアタッチメントが付属しているため、卓上ホルダーで変わりなく充電することが出来ます。

よくある手帳タイプの固定方法はケースに手帳蓋がくっついた感じですが、こいつは背面ガラスを利用して粘着シートで吸着するタイプです。吸着力は意外と弱く、取り外そうとするとすぐ取り外せます。
自分はミヤビックスの背面保護フィルムをつけており、ダメ元でそのまま装着してみたところ、厚みが変わったためか蓋の閉まりが悪くなりました。そして予想通り、粘着シートとフィルムがガッツリつきフィルムを破棄することに。

本体にNFCタグが埋め込まれており、ケースカラーに合わせたテーマがダウンロードできます。ダウンロードしなくても、ケース用のウィンドウ表示には対応していたと思います。

すぐに本体取り外せるし、思ったより機能面で良かったのですが・・・外観、色が気に食いませんでした。つや消しなのだと思ったら、画像では分かりませんが表面光沢で光拾います。すごく安っぽい。

総合的に見た目のマイナス要素多すぎて、値段の高さと相まって購入したのは失敗でした。
代替ケースないから暫くは使うとは思いますが…

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。