Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーコンのスプロケについて

さて乗鞍にマイミクさんとご一緒する際にテンションあげようと思って、昨年の夏頃に購入した、Recon レーコン ワンピースアロイレーシングカセットについて今更ながら記事を書いてみようと思う。

基本的にマイナス、もうヤフオクで処分したしどうでもいい。
なお、12-28Tのロー側クロスのやつですね。

まずは画像。
DSC03281_R.jpg
DSC03282_R.jpg
もういっちょ!
DSC03287_R.jpg
DSC03286_R.jpg

お分かりになられましたでしょうか?
指でスプロケを抑えるとロックリングとスプロケの間に隙間が発生します。しかも、これで付属のスペーサーをつけている状態です。使い物になりませんね。

一応、何かあった時ように、京都のショップから通販で購入したわけですが…。何かというより、最初はロックリング同梱するの忘れられて結局店まで足を運んだという残念なショップだったわけです。

それはさて置き、そもそもSHIMANO専用の11Sで作られているのに何でフリーの幅に合わないのさ?代理店に電話してみると丁寧な対応だったのですが、言っていることが分からない。
何でも、「フリーが削れてきたらフィットする」だとか、(゚Д゚)ハァ??

フリーって削れるの!?どういうことなのよさ?ということで、今は疎遠になっているロード買ったショップに行ってきました。
機械式で無理やり使うならともかく、Di2ではこれは使えませんよとの返答。試したのは、MAVICのホイールでしたが、知り合いにスプロケを貸してみてもそちらも同様の状態でした。

あとフリーなんて削れないってことでしたとさ。そりゃそうだよねー。

SHIMANO11Sフリー専用で作っているのに付属のスペーサーどころか、更にスペーサーを足さないと駄目だとか、精度低すぎですよね。だから、TNIで最近でた、同様の商品もそれだろーなと思ってます。

結局、デュラの12-28を買ってスプロケ問題は終了しましたとさ。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。