Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクールニューディール政策

先日、帰宅していたらニュースでやっていたとある政策。

学舎の耐震性強化・太陽光発電設備の設置。学校は避難所でもあるから、この2点に関しては良いのではないだろうか。そういえば、私の出身校の体育館なんですけどね、2ヶ月ほど間に取り壊されてましたよ。最近まだ基礎の工事をしているのか、建物らしいものは出来てませんが。

その次に、ICT(Information and Communication Technology)環境の整備、具体的には、黒板をタッチパネル式のディスプレイに変更・PCの導入・地デジTVの導入などだそうです。正直、どれもいらない気がします。

まず、タッチパネル方式への移行ですが、これ機材がまず1台70万だそうです。で、目的としては勉強に興味をもってもらい易くすることだとか。確かに、京都八幡の中学校がNDSを実験的に導入し、成果をあげていることは、レポート書くために中学校と山城教育委員会に電話して尋ねたので知ってはいます。このような前例はありますが、どうもこのタッチパネルは画面サイズが小さかったと思います。黒板サイズ(何型か知りません)ではありませんし、それに結局、ハードを導入してもソフトだったり、教える側の能力に多分に左右されるものではないでしょうか。

PC導入ですが、私は高校1年にPCを買って貰いそこから使い始めたクチです。商業科が学校にあったため、高校時代にofficeの資格もとったりしたものですが。思うに、小学校・中学校にPCなんてオモチャは与えない方が良いのでは…。さらに漢字が書けない子が増殖しますよ?

地デジは…確かに小学校・中学校のころ教室の天井からTVぶらさがってましたね。1年に1度もついている姿を見るかどうか怪しいシロモノでしたので、これは確実にいらないでしょう。


まぁ確かにこういった道具に頼った政策は楽でしょうね。金さえつぎ込めば良いんですから。教師を育てるという、人材育成はとても難しいものですからね。特に最近はモンスターペアレンツがいますからねぇ。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/145-095d26ab
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。