Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のプ

某コンテストも終わり、ホワイトグリントでも触るかなという気分に。
VIホワイトグリント01
説明書の最初の部分から面倒でした。肩の露出した部分にある積層フィンなので、BMCタガネ0.3で堀直し。上が掘り直したモノ。

この他にもAAパーツがあるため堀直し作業が面倒。いや、面倒というか、タガネの刃先が指に当たって連続でやると指が痛いのが問題。


それとホワイトグリントとは関係ないパーツですが、こんなものを衝動買い。
HOのパーツ
定価だと1400(税別)のものですが、500円ぐらいになってたのでツイツイ。確かカツミかエンドウのHOパーツかと思います。そのうち使う時があるかも?

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/146-c9b2bf44
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。