Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらGears of War

最近ランクマッチの初心者っぽい人が目立つ。
まぁ私自身が何となくプレイしているだけの、中の下ぐらいのレベルなんであまり書きたくはないんだが…。

意外とGOWと初心者でググっても基礎的な立ち回りが書かれてない。wikiには左壁と右壁と、セロン・ラーム将軍を使うなということぐらいは書いてある。まぁこれだけでも十分か。

左壁と右壁
左壁と右壁は、Gridlockのスナイパーライフルの取得攻防戦で体感することが多いが、壁から右半身を出して射撃する方が有利。逆に左半身を出そうと思えば、かなりランサーを被弾することになる。それだけのことですね。

キャラクター当たり判定
セロン・ラームはマントの部分にもダメージ判定があり、ショットガンのダメージ拡大及び、スナイパーPリロが下半身でもダウンする。ホストがどうしても有利になるため、他プレイヤーに対する配慮?か知りませんが、分かっていて使っている人もいますが、ホストでもないのに使うのは…。詳しくは知りませんが、カーマインが小柄だから有利だということは聞いたことがあります。うまい方はカーマイン使用率高し。

グレネード
基本的に投げよう。実績は刺しだったし、私自身刺すことは結構あるんですが…。ランクマッチはフレンドリーファイアがオフなので、味方がグレネード投げてくれたらひるんだ敵を倒すために進もう。

ブームショット
最近よくエイムして使っている人や、エイムなしでも相手キャラを狙っている人を見かけることがある。あれはキャラではなく、足元を狙うものだと思っています。キャラを狙えば、すり抜けてダメージが無しですが、足元を狙えば大抵ダウンが取れます。取れなくても、+殴り1発でダウンになりますし、近くに味方がいればダウンさせてくれるでしょう。また、ブームで味方がタウンされたら素直に身捨てましょう。助けに行けば確実に2発目で共倒れにされます。相手の残段数が把握できていれば問題ありませんが、ラウンド開始から時間が経つほど相手が弾を補給するなどで状況が変わってきます。相手に撃ちきったと思わせるためにショットガンを空撃ちし、出てきたらブーム。
2ではブームの軌道が若干変わっていたように感じた。

ダイブ
ダイブということを知りませんでしたが、前転等の回避アクションですね。ラウンド開始後即ダイブすることをお勧め。場所によってはこの僅差で多少変わるかも?まぁ計測してないので何とも言えません。マップによりますが、即接近戦が予測される場合は開始即ショットガンに持ち替えて、空撃ち→ダイブをします。交戦予測地点手前でアクティブパーフェクトリロードをします。ほとんどの方がPリロ状態のショットガンを撃ってきます。
また、ダイブは回避アクションでありながらスナイパー、ブームショット、トルクも?に対してはあまり相性の良い回避方法ではなかったりします。ダイブ後の地点が予測できるため、かなりの確率で当てられます。

スモークグレネード
相手を捜索中に意外と使えたりする。近くでスモークが投げられるとキャラが喋る。物陰に調べる方法の一つとしてお勧めできます。


私が書けるようなことはこんなところでしょうか。ショットガンテクニックが一番重要だとか言われてますが、適当にやってるんで書けないです。意識して練習しようと思ったことありませんからね。まぁゲームでもこういったこと書きたくないんだけど、結局一番重要なのは空気読むことじゃないでしょうか…。相手の残りが一人とかいう状況で、味方が倒されたら即Lボタンで大体の位置を把握するとか。BACKで敵の残数確認するとか。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/17-517961e3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。