Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V.I.ホワイトグリント

コトブキヤでホワイトグリントが公開された。価格がもう少し高いと思っていただけに、8000円以下に抑えてきたのは意外でした。発売は5月だそうです。

画像を見るに、複眼もクリアパーツで再現されているように見えますが、加工じゃないですよね?ハピネットの素立ちを見てもそこは分かりませんね。OBモードは頭部収納も再現しているみたいです。ただ、アサルトアーマー展開パーツは、本来はフィン状のパーツの積層構造なのですが、そこが簡略化されているのが残念です。あと、ブキヤに望むことは、水転写デカールをお願いだから用意して欲しい。

しかし、この注文書の画像はイマイチなのか、ホワイトグリントがカッコよく見えないです。VOBパージ後のMT戦時のポーズがイマイチなんですよね。ハピネットの素立ちだと結構良さそうに見えるのに。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/40-5d8fb5ba
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。