Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイブリーデフォルトがいい感じ

発売前から気になっていたスクエニのブレイブリーデフォルト、気になるからといって今のスクエニのコンテンツに突撃するほどの勇気は持ち合わせていない。そのため発売後の評価待ちをしていました。

そして良い意味で期待が裏切られ、非常に好評だったのでヨドバシでポイント購入。

購入してしばらくやってなかったわけですが、トレフェス神戸の帰りにようやく起動。
空の奇跡と違い、設定も今までのFFを一度でもやってれば、あぁクリスタルねと分かる程度で十分。ストーリーに引き込まれるわけでもなく、何が面白いかって聞かれると「んー?」となるのですが、ストレスフリーなところがまず良い点ですね。
あとタッチパネルだからって無理やり使わされてる感がないのも良かったかな。

今までに無いシステムとしてブレイブとデフォルトというコマンドが追加されており、ブレイブポイント(以下、BP)というものがあります。戦闘開始時はBPが0でデフォルト(防御コマンドでもある)をするとBPが最大3まで蓄積することができます。ブレイブをすることによりこのBPを消費して、複数回の行動が可能です。
通常であれば、蓄積しないとブレイブができないところですが、なんとBPの前借りができるシステムとなっており、最大蓄積と反対の-3BPまで戦闘開始時から使用することができます。つまり、最初からそれぞれのキャラが4回行動でき、さっさと雑魚を処理できるというお手軽仕様になってます。これにより、コマンドを選ぶ手間はあるわけですが、雑魚をさっさと片付けられるというのが良いですね。

ボスに関しても、全滅するほど強くはないけど、それなりには手応えがあるので悪くはないです。ボスを含むMOBもBPの前借りなんかをしてくるので、前借りをした分次のターンの行動ができずその間に、捨て身の攻撃であったり、攻撃速度の遅い攻撃を使うなど戦略的にブレイブ、デフォルトシステムが機能してます。まぁそこまでやらなくてもBPをMAXまで貯めて開放、次のターンBP全部前借りで攻撃でたいていどうにかなったりはするんですけどね…。

このシステムと今までの懐かしいジョブシステムが加わったことにより、ただの懐古ゲーではなく昔のファンも楽しめる新しいゲームになっているのが評価できる点かな?
あとイベントシーンはフルボイスです。何気に声優豪華じゃないのかな?序盤で雑魚っぽい黒魔道士オミノスが多分保志総一朗さん、第1章の盗賊は某勇者王の人だったりね。

それほどやりこむわけでもなく、ちょくちょくやってるわけですが、3DSをほとんどやっていなかったため、すれ違い通信とか何それ?でした。別にすれ違いがなくてもゲームの進行に支障はないのですが、村の復興事業にリアルタイムがかかり、そこにすれ違い通信が発生すると村に人がよべます。結果、5時間かかる作業が半分にと効率的に村が復興できます。村を復興すると購入できるアイテムが増えたり、必殺技が増えたり、必殺技のオプションが追加されたりなど、割りと便利になります。
トレフェス待機中に起動してれば、何人の村人が確保できたのかと!ちょっと後悔…

そんなわけで、ポケモンでは全然稼働率があがらなかった、愛花3DSの稼働率が上がって来ました。



しかし、ハンゲでブレイブリーデフォルトがブラウザゲームになるらしい。普通あぁいうゲームってもっとコンテンツ力のあるゲームでやるもんじゃないかな?確かに本作は評価たかいけど、シリーズでもないしどうなんだろう?
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/419-38ab6819
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。