Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MENG MODEL 1/35 メルカバ Mk.3D 滑り止め

この間の塩はこのため。
メルカバの滑り止めを塩で再現。ラッカーパテを溶いて、その上に塩をふってみた。
IMG_5455.jpg
が、どう考えても粒子サイズがスケールオーバー。こんなはずじゃなかった…。
まぁ塩だし?お湯かけて落とします。ラッカーパテは適当に削っておこう。
改善策は用意中、一部用意したけど今度は粒子サイズが片栗粉とかそんなレベルだった!わかってはいたけど、やっぱりそれは使えない。素材は塩ではなく、大理石粉末。適応サイズが届いたら各種テストピースにかけて実験します。



さて、これT-90のパーツなんですが、なんとプラではなくレジンです。
IMG_5347.jpg
どうなってんのっていうレベルの抜き。モノは、miniarmの溶接砲塔についてくるパーツです。ロシアのコンバージョンパーツメーカーですが、まさにおそろしあ!実際、メーカーページを見てみると転輪に刻印入ってたりしますが、アレ実際のレジン複製パーツに入ってたりします。


スパロボのラミアさん暴走?崩壊言語?動画発見
かなりレアでなかなか見れないんだよねコレ。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/434-b7da4f6c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。