Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MENG MODEL 1/35 メルカバ Mk.3D 滑り止め あらため

前回のメルカバ3Dさんの残念な感じ。
塩はダメだ、うん、おめぇーはダメだ。
IMG_5455.jpg

改めて塩から素材を見直し、滑り止めをやっていこうと思う。
物はこれ。AFVでジオラマ作るといっても、専用品は実は海外物ばっかり。模型のジオラマといったら国内では鉄道模型になります。これは鉄道模型の主にバラストやサンド系を出しているモーリンというメーカーの物です。素材は大理石粉末。
IMG_5458.jpg
514がZゲージ、513がNゲージ、512がHOとかそんな感じなんだけど、このブログ見てる人で鉄道模型分かる人なんていないと思うからどうでもいいや。個人的にも興味ないし。

ともかく、これを塩の代わりに使うことにします。また失敗するのはイヤなのでテストピースに付けて見てみようってことでやってみた。

4枚セットの図
左から粒度が細かい順に並べたつもりだったけど、514、512、513、塩になってた。
IMG_5459.jpg

次あっぷ
これは514、前のメルカバ記事でもちょっと触れたけど、細かすぎ片栗粉かっていうぐらいもう完全に粉。粒子サイズ0.1~0.3mmはぱねぇ。
IMG_5474.jpg
車体にテストピースのせてみた。分かってたけどこれは、滑り止めじゃなくて雪。
IMG_5485.jpg

次513。付ける前は細かすぎてダメじゃね?って思ってたけど、つけたらいいかもしんない?
IMG_5481.jpg
悪くない。
IMG_5487.jpg

最後に512。これも悪くないとは思う。
IMG_5478.jpg
悪くないが、スケール感としては513かなぁ。ただ、模型としては512のがいい気がする…。
IMG_5494.jpg

おまけの塩。おめぇはダメすぎる!
IMG_5483.jpg IMG_5492.jpg

滑り止めの素材に関してはこんなところ。採用は513か512にどっちかー。


今までリンクとかナニソレだったけど、相互リンク追加しました。
しょぼんぬさんとこのBlog「また…失敗か…(´・ω・`)」どうぞよろしくなのです。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/438-6276cd22
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。