Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

au HTC J butterfly HTL21のケース検討

ゴミだの、地雷だの、欠陥だの色々思うところがあるHTC butterflyの修理が完了したとの連絡がありました。
受け取りはもう少し先になる感じなんだけど丁度いい。何が丁度いいかっていうと、注文しているケースがまだ届いていないため。

国内で発売している、au HTC J butterfly HTL21用のケースは本当にろくな物がない。
amazonであるのは単一素材カバーのみ。大体こんなもん
   
   
  

ハードケースは却下。本体とケースの隙間に埃入ると本体がけっこう傷つく。
TPUケースは硬質樹脂みたいな素材なので、またディスプレイ保護ガラスに引っかかって剥離が起きる。本機種にはTPUケースは対応していない。

他では、auオンラインショップ限定でGuildDesignのバンパーケースが販売されていたけど、黒一色の単色、auがわけの分からないデザイナーに頼んだせいで、悪趣味なバックシートを採用している始末。また、致命的なのが素材にジェラルミンを使っているらしく電波状態が悪くなる。
htl21ギルド
アクセサリースレを見ていると、GuildDesignに送れば幾らか費用はかかるが色は変えてもらえるとかいう情報はあったが、メーカーページやBlogのコメント欄にはそういった内容の記載はない。
改めて確認してみると、auでは完売したためデザイナー版ではなく通常版をメーカーで販売予定らしい。多分カラーバリエーションも出るのじゃなかと予想。iPhone用のEVA2号機カラーは個人的にグッときたw
ただ、値段が高いのと電波状態が悪くなるのは宜しくない。以上2点があり別にHTL21用バンパーがかっこいいとも思えないので無し。

欲しかったのは、ELEMENTSCASESGPのようなハイブリットケースが欲しかった。前はGalaxyS2なので、SGPのケースを使用。残念ながら、HTL21はグローバルモデルではなく、国内モデルのためケースのバリエーションが少ない。

しかし、HTC Droid DNAという機種があり、これがガラケー機能など余計な機能を省いたグローバルモデルみたい。
butterflyよりこっちが欲しかったわね。それはいいとして、デザインはガラケー機能の面で一部異なる部分はあるけど、基本的には一緒なので共通のケースが使えるはず。

Droid DNA CASEでグーグル先生に聞いてみたところ、2種類のケースが該当した。
OtterBoxのHTC DROID DNA Commuter Series case
otter.png

BALLISTICのHTC DROID DNA BALLISTIC SG MAXX SERIES CASE
Ballistic.png
好みとしては、Otterだったのですが、試しにamazonレビュー見てみたところ散々だったのでやめ。BALLISTICは好評だったのでこちらに。ゴツいけど、残念機種のHTL21にはちゃんとケース使わないと怖い…。
注文は、amazonでは日本への発送は不可。そのためメーカーから直接購入。そしたら自動配信メール以外にWeb担当者からメールが来た。
「日本ではDroid DNAはbutterflyと呼ばれているらしいけど、この機種を入手してテストしていない。使えるかどうか分からないけど、本当に決済していいの?」っていうメールだった。
これ以外選択肢がないので、それは承知して注文してるからお願いしますと送っておいた。多分、背面のスリットデザインが異なるので、赤外線機能が使えなくなる程度で済むはず…。

今日発送されたようなので、木曜にはついてくれるとありがたいなーと思うわけです。
iPhoneの唯一羨ましい点が、こういったアクセサリーの選択肢がとても多い点ですね。

使用による残念仕様が追加
側面のメッシュパネルは引っかかると浮き上がって剥がれだす。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/443-4f0ae8f9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。