Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイック・レスポンス

先週の金曜日、修士論文の修正案を担当の先生に提出したわけですが、全く連絡が来ません。ちゃんと修正箇所は文字背景色変えて、見やすいように配慮しているのですが…、さすがに31日に最終提出なだけに早く返答が欲しい。そもそも、仮提出時においても先月の20日に提出したにもかかわらず、今年の3日に返答が来たあたりに、返答の遅さがうかがえる。

どうもこの返答の遅さは、企業側におられた先生とそうではない先生とで別れるようです。前職が大手電機会社の方などは、3時間もあればレスが来るとのこと。そういったクイック・レスポンスに対する考え方が異なっているのかもしれない。

修士論文には、判例研究と事例研究の2種類があります。前者は規定枚数が25枚以上、後者が50枚以上なわけですが、私のゼミは前者になります。といっても、何故か50枚以上も書いている人もいるわけで、それが先生の負担を増やしているということもあるでしょう。私自身は27枚でしたが、少なくともまだ書くことはありました…。規定枚数の方が望ましいとの指導でしたので仕方なく。しかし、先に述べたレスが早い先生などは、後者に該当します。つまり、先生自体のモチベーションに起因する部分が少なからずあるのではないかと思います。ですが、当然先生によって重視する点が異なり、私の担当の先生は特に文章の体裁等に細かいため、チェックに時間がかかってしまうのかもしれません。

まぁ先生だけでなく、飲み会の幹事をしているとこのクイック・レスポンスを心がけてくれる方は非常に楽です。結局、返信期限を設けても返信をよこさなかった人すらいた始末。「今ヒマしてるの?」のようなどうでもいいメール送ってるのではないので、参加か不参加の一言ぐらい返してほしいものです。
飲み会がイヤな方もいるでしょうが、そういう方には最初から送ってませんし、最後ぐらい参加しても良いのではないでしょうか?
私は飲みニケーションという言葉は、どうも押し付けがましく感じてしまうため、好きではありませんが、最初と最後ぐらい必要だと思いますよ。卒業式後に謝恩会があるわけですが、それすら参加しない学生いますからね…。

>>うわぁーい、16:30に返答来ました。
あと10日…戦いが始まる。




先日書いていた、とれぱんぐさんところのPVCフィギュア 千早プレゼントですが、応募してみました。良く考えると、PVC完成品固定フィギュアというカテゴリでは、グッスマの初音ミクのみなのですが、原型師が同じとれぱんぐのYOSHIさんでした。ということもあり、また、今年の運だめしみたいなもので。当選した人はフィギュアのレビューを書くことが応募条件のようですが、本日が締切なので迷っておられる方はお早めに。



あとテンプレートのデザインは好きだったのですが、文字色がどうでも見難いため別Blogと同一のものに変更。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/46-6a3e41cf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。