Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サドルバッグ→ツールケース

今までロードではゼファールのサドルバッグを使用していましたが、シートポストの径にあっておらずベルクロが止められませんでした。応急処置的に、ベルクロの縫製を一度外し、粘着タイプのベルクロシールで止める位置を調整するも、ナイロンベルトへは粘着力が維持できず、すぐ剥がれてました…。
DSC01302_R.jpg
そういうわけで、もうこれを使用するにはミシンで縫い付けるしか無い状況だったのですが、ミシンなんて高校の時に少し使ったぐらいで使い方全く分かりません!もうサドルバッグ探すのも億劫だったところ、ヴィットリアのツールケースを見つけこれだ!と思い購入しました。

詰め込むのは以下のもの。
TNI CO2ボンベセット、airbone+延長アダプター、タイヤレバー、使い捨てゴム手袋、換えチューブ
DSC01318_R.jpg
をビットリア プレミアムジップツールケースに入れてみると―、
DSC01333_R.jpg
ちゃんと入りましたよ。応急パッチも追加しようかな。2度パンクすることなんて無いと思いたいけど…。
DSC01338_R.jpg



そういえば、ロード購入したお店でチューブ交換教えてもらいました。ネットで動画見りゃ分かるじゃんって話ですが、教えてもらった上で、動画で記憶の補完をしたかった。

帰宅後ローラーのため取り外している、R-SYSでチューブ交換を練習。何か前にそういえば買っていたパナレーサーのR-airがあったので、それを実験台に。失敗しやすいのか?amazonのレビューなんかでもそんな意見が見られましたが、手際の悪さはともかくとして無事交換できました。

昨日交換して現在の段階でも特に空気が抜ける様子もなく、チューブを痛めること無くいけたよーです。あとはついでに前輪でもやっておこう。カーボンスポークをついつい折らないよう気をつけないと。

ちなみに持ち運び用のチューブはブリジストンのエクステンザ。メーカー公式重量では、R-airより1g重いみたいです。
DSC01345_R.jpg
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/534-aa13bb83
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。