Grad Oechsle

京都でロードバイクに乗ってたり、渓流釣りを始めようとしている人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいコースについて

適度に坂があって、信号が少ない、そんなコースを考えた結果こうなりました。本当はこのコースじゃなかったんですが、ガーミンさんのヘタレナビの結果走ったらこうなってしまった。ナビ迷いすぎて意味が無い。
0511ルート
大原野方面は坂もあってというか、坂しかなくてそれはそれで良いのですけれども。特にアクセスがとてもよろしいところも含め。ただ、金蔵寺ルートは乗り始めのころ突撃した結果、落車したというあんまり笑えない結果となったので、今は行きたくない。斜度20%の坂を登る自信は一切無い上に、路面状況もかなり悪いので無理無理。

このルートは、序盤は嵐山の風景を見ながら走れて、次は高雄から持越峠、江文峠とアップダウンがあり、杉坂北尾の分岐あたりから車通りが日曜ですらなくなり、道幅もそれなりにあって、路面状況もそんなに悪くない。結構いい感じです。

つまらないのは白川通り降りてきてからの京都市内。ここだけは改善の余地あり。だからといって、折り返して坂登る体力は今のところ無い感じ。

三千院方面へと続く道。付近にはこの季節、ビャクダンの花が咲いています。
DSC01406_R.jpg
数年前、叡山電鉄を利用し、この付近からタクシーで三千院へと行ったわけですが、その時のタクシー運転手に「栴檀(センダン 白檀の中国名らしい)は双葉より芳し」ということわざ?を教えてもらったのを覚えています。
意味はwikiより、白檀は発芽のころから香気を放つとされたことから、大成する人は幼少のときから優れているというたとえ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://gradoechsle.blog6.fc2.com/tb.php/537-06df3622
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。